フリースクール昼TRY部って?

「学校以外に通える場所へ連れていきたい」
「家でゲームばかりしている姿を見ると、これからが不安になる」
「同年代の子どもたちと関わってほしい」
「なんとか元気になってほしい」

お子さんが不登校になると、すごく不安になりますよね。
心配になるし、どうしたらいいかわからなくなってします。

フリースクール昼TRY部は、学校に行くことができない子どもたちの居場所です。

»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

昼TRY部に込めた想い

ずっと、不登校の子どもがこれる居場所をつくりたかった。
なぜなら私(代表:田中)も学校へ行けず、苦しんでいた時期があったからです。

この時期はしんどかった。学校うんぬんよりも、やりたいことが見つからないのがキツかった。
やることがなんにもなかった。
目標もなく、張りのない生活。生きているのに、気持ちはまるで死んでいるかのようでした。
「僕みたいなしんどい思いをして欲しくない」
そう思って、フリースクールを始めました。
小・中学生の不登校は12万人を越え、しんどさを抱えている子どもは多くいます。けれど1人1人、苦しさは違う。
悩みや不安も千差万別です。ぼくたちはこのフリースクールで彼らに寄り添い、一緒に歩を進めていきます。

くわしくはこちら
不登校だった自分に、今ならなんて声をかけるだろうか?

»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

昼TRY部はやりたいことを見つける場

なぜやりたいことが見つかるのか

思春期にとって、同年代の子どもとの関わりは親や先生の関わり以上に影響があります。
同年代からどう思われるか気になるし、友だちが欲しいと思っているものをついつい自分も欲しくなったりします。
それだけ影響し合う年代ですから、相手の興味あることが自分にもうつって一緒に取り組んだり、
隣で勉強しているのを見るとそろそろ自分もと思うようになります。
そうやって少しずつお互いが影響を受ける中で、やりたいことが見つかります。
もちろん、何もないところから関係をつくるのは難しいですから
次のような活動をして初めて来た子どもでもコミュニケーションが取れるように工夫しています。
»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

ボードゲーム

みんなで遊ぶボードゲーム。
ルールがある中で会話をするので、初めて来た子どもや同年代と話すことが苦手な子どもでも、自然にコミュニケーション能力を高める練習になります。

マンガ会

用意するのは、たくさんのマンガの1巻だけ。興味があるマンガを選び、ひたすら読む。
自分では決して触れることがなかった世界に足を踏み入れることができます。

質問ゲーム

不登校の子は、自分の意見が言えなかったり、気持ちを表現するのが苦手な場合が多いです。
そのため、オープン・クエスチョンという質問の技法を使って、コミュニケーションの練習をしております。
子どもたちがどんどん変化していく理由

一見すると、遊んでばかりに思いますよね?
しかし、それこそが私たちが大切にしていることなのです。

好きなことに取り組んでいるとき、夢中になって何かに没頭しているとき、あなたの心はどんな小さな発見にも喜びを感じ、創意工夫を凝らして目標を達成しようとするだろう。これまで気づかなかった自分の新たな可能性にワクワクして、「もっとこうしてみたい」「あんなこともしてみたい」と挑戦の幅を広げていくに違いないまた、楽しいときに感じる心の余裕や安心も、人が前に進んでいくためには大切な要素なのではないだろうか。

上田信行(同志社女子大学)


楽しくないと、どれだけやっても学びにはつながりません。
「おもしろい!」「楽しい!」という気持ちがあるから、より貪欲に学び、知ろうと思うのです。
ここでは、「勉強しなさい」とは決して言いません。

やらされる勉強に意味はないと思うからです。

くわしくはこちら
 「勉強するヒマがあるなら、マンガを読んだほうがいい」と本気で思う理由
 思春期の子と一緒に読みたいマンガ

TRY部のある1日

月曜・木曜 プレイフルデーの過ごしかた
  • 登校

    電車や自転車などを使って、教室にきます。中には京都など遠方から来る生徒もいます。

  • 自習時間


    教室に着いたらみんなに挨拶をして自習をします。自分が持ってきた勉強に取り組む時間です。勉強をしたくない生徒は読書やタブレットを使った調べ物など一人でできることをします。



  • みんなで学習タイム

    自習のあとはみんなで学習タイム。漢字や地理、英語、数学の問題を早押しクイズみたいにわいわい言いながら楽しく学びます。

  • ゲームの時間


    ゲームの時間。ボードゲームやトランプ、人狼ゲームなどをします。年齢に関係なく、みんな一緒になって遊びます。



  • 昼食の時間

    コンビニに一緒に買いにいったり、家から持ってきたお弁当を食べたりします。たまにみんなで一緒に料理をするときもあります。

  • 帰りの時間


    ご飯を食べおわって、遊びの続きをしているとすぐに帰りの時間になります。相談のある生徒は残って個別にお話をすることもあります。




 
 

水曜 マイスタディデーの過ごし方
  • 登校・学習計画

    教室にきたら今日の学習予定を自分で立てます。学習は学校の勉強でも良いし、自分が取り組みたいこと(読書、イラスト、プログラミングなど)でもOKです。

  • 自習時間


    予定を立てたら学習を進めます。個別学習ですが、分からない問題はスタッフが解説します。学校の勉強からしばらく離れているお子さんもご安心ください。



  • 休憩の時間

    休憩時間も自分で決めますが、だいたいこの時間になるとみんな疲れてくるので休憩を入れます。ゲームなどはせず、みんなでおしゃべりをして過ごします。

  • 自習時間


    学習の続きをします。高校受験を控えている生徒もいるので、面接の練習を一緒にしたり、志望理由書を書くことのサポートもしたりしています。



  • 昼食の時間

    どこまで進んだかを確認した後、月曜・木曜と同じくお昼の時間です。コンビニに一緒に買いにいったり、家から持ってきたお弁当を食べたりします。

  • 帰りの時間


    ご飯を食べおわったあと、おしゃべりをしたりトランプなどのカードゲームをしてすごします。相談のある生徒はみんなが帰った後に残って個別にお話をすることもあります。



子どもたちの変化や成長

中2 Aくん

before
なぜ勉強するのか分からず、勉強ギライだった。不登校に負い目を感じていて自分に自信も持てなかった。

after
1年通って、勉強に興味を持ち今は数学に取り組んでいる。ここに通うことが学校に通っている代わりになり、負い目もなくなりつつある。

中3 Bさん

before
友だちとのトラブルがきっかけ、学校にいけなくなった。別室登校もクラスの目を気にしてイヤがっていた。

after
半年間すごし、年度が変わるタイミングで学校に戻った。いまはトラブルもなく、学校で楽しく過ごしている。

高1 Cくん

before
近所の人に会いたくないし、友だちにも会いたくないから外へも出ない。昼夜逆転で、毎日夜中までゲームばかりしていた。

after
好きなゲームをきっかけに教室で会話が増え、外出もできるようになった。受験シーズンは自分から勉強し、生活リズムも整えて卒業した。

不登校への思い

不登校になる子は、ダメな子じゃないし、誰かに劣っているわけでもありません。
むしろ、たくさんの可能性を持っていると思っています。
だからこそ、私たちは1人1人の可能性を伸ばしたいと思い、この居場所をつくりました。
ここは、心の避難場所でもなく、休息場でもなく、未来を創っていくところです。
ゆっくりする。安心できる。
それも大切ですが、それだけではなく、その子の将来を切り拓いていくサポートがしたい。
そう思い、この場所を運営しております。

くわしくはこちら
 『不登校の子には、10円寿司が『大トロ』に化けるくらいの可能性がある。』
 『不登校の子どもたちに寄り添えるバーテンダーになりたい。』
»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

保護者の声

学校に行こうとすると体が硬直して動けなくなっていた息子は、昼TRY部には元気に家を出ていきます。表情が明るくなり、家のお手伝いも増えました。
TRY部のスタッフさんを「大人だけど、先生じゃない」と息子は言います。評価されない、ありのままの自分を受け止めてもらえる場所なのでしょう。そんな居場所に出会えたことに感謝です。

 
小学校の校長先生が、個々なら雰囲気が合うんじゃないかと勧めてくださったのが、D.Liveでした。
私は、昼TRY部の魅力はスタッフだと思います。田中さんのセンスとアイデア、クリエイティビティ、行動力は既存の枠を超えていて、とびきり素敵ですし、得津さんの誠実さ、優しさ、教育への情熱と元教師経験による確かさが絶妙にマッチしていると思います。
不登校が長くなり、外部との関わりがほとんどなく、孤独な状況の中で、得津さんが息子の小さな変化を見つけてほめてくださったことは本当にうれしかったです。しかもその変化に感動したと純粋な気持ちで言ってくださることに、こちらも感動しました。昼TRY部は、子ども一人ひとりの反応やお友達との関係性にも細かく気を配ってくださる素敵なところで、徐々に息子の居場所となりつつあります。

 
講演会や講座などに参加。代表・副代表にも信頼感を持つことができ、息子をお願いしました。阪急とJRを乗り継いで通っています。昼TRY部の日はきちんと起きて、自分で準備をして出ていきます。
学校に行けなくてどうなってしまうのだろう、と当初、心配していたのですが、自分のしたいことがあれば、きちんと行動はできるのだ、と実感しています。そういうことに気付かせてもらえたのは貴重でした。

 
面談で家に来ていただくことから始まりました。私もしんどかったので、色々なアドバイスをいただき、救われました。その後、身体の不調が良くなり、部屋からリビングに出て、会話が増えてきました。経験者の田中さんだからこそ、説得力があり、信頼感がもてました。どこにも居場所がなかった私たちも安心して通えました。

 
小学生6年頃から起きれなくなり、中学に入り、学校に行こうとすると、呼吸が苦しくなったりして、学校に行かない選択をしました。
心を閉ざし、学校に行けない自分に罪悪感を感じていた娘に、家庭以外の居場所を作ってあげたくて、トライ部に入りました。
トライ部に決めた理由は、田中さんや得津さんが子供たちに対してフラットに接して下さるから。安心出来る場に感じたからです。
トライ部に通うようになり、少しずつ元気をとりもどしていき、他の事にもチャレンジしたいという気持ちが湧いてくるようになりました。
何より、心からの笑顔が見れるようになった事が親としては嬉しいです。
今年からは通信制の高校に行き、自分の夢を叶えようとしています。
こんな風に元気を取り戻せたのも、トライ部で親や家庭だけでは出来ない事をサポートしてもらえたお陰と大変感謝しています。

»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

プロフィール

田中 洋輔(たなかようすけ)

NPO 法人 D.Live 代表理事/ 立命館大学文学部卒業。
プロ野球選手を目指すも、強豪の高校へ入り挫折し不登校に。自身の経験から、 自分に自信が持てず苦しんでいる子がいる現状を変えたいと思い、大学生のとき(2009年)に団体を立ち上げる。
自尊感情 (自己肯定感)についてまとめた『子どもの自信白書』の発行、子どもの居場所や自信を育む教室運営。PTAや地域団体などにて、不登校や自尊感情についての講演・研修もおこなう。 最近は、不登校の子どもへの1対1のコンサルティングもおこなっている。

\他にも昼TRY部にはこんな大人がいます/
NPO法人 D.Live(ドライブ)

2009年に設立。2012年に法人化。
滋賀県草津市を中心に活動している教育NPO団体。
滋賀県の教育委員会フォーラムで先生向けに講演をおこなったり、草津市の委託事業として中学生の居場所も実施。
大学の教授と共に研究をおこない、冊子『子どもの自信白書』(無料)も発行。
クリスマスブーツギャラリーの企画・運営などにも関わっている。

昼TRY部概要

対象 小学校5年生~高校3年生

場所 マグハウス(瀬田駅徒歩5分)滋賀県大津市大萱一丁目9−7ワイエムビル202

日時 毎週月曜・水曜・木曜 10:00 ~ 13:00 金曜日 11:00 ~ 14:00
※月曜日・木曜日・金曜日と水曜日はプログラムが異なります。詳細は、面談にてご説明いたします。

お月謝
 週1回 小学生10,000円 中学生15,000円 高校生15,000円
 週2回 小学生20,000円 中学生25,000円 高校生25,000円
 週3回 小学生25,000円 中学生30,000円 高校生30,000円

入会金 30,000円
※ 別途、みんなでご飯を作って食べる場合などには食材費などがかかることがございます。

»昼TRY部へのお問い合わせはコチラ

見学について

昼TRY部では、内容や雰囲気、私たちが大切にしていることをお伝えしたいため、
入会までには、3つのステップがあります。

入会までの流れ

1.保護者面談2.生徒面談3.昼TRY部体験4.入会

1. 保護者面談&昼TRY部(保護者様のみご参加)

内容
1.お子さんの状況についてヒアリング
2.ご相談ごとへのアセスメントや解決方法のご提案
3.昼TRY部の概要説明と私たちがお子さんにできることのご提案

お悩みやご相談ごとにできるだけ力になりたいと私たちは考えています。
ですから、面談では保護者様からのお話を時間をとってじっくりうかがいます。

なお、面談のお時間は30分程度、当団体が大津市と草津市で運営している教室にて、
開講前後のお時間にお越しいただき、お話をうかがいます。料金は無料です。
こちらの場所、時間では都合がつかない、時間をかけてじっくりお話をうかがう面談をご希望のかたは、
60分面談コース*をお選びください。
*こちらは、60分7,000円の有料コースとなっております。

開講前後の面談は下記の時間帯・場所で受け付けております。

   【月曜日】 14時〜16時 場所:昼TRY部教室 / 17時半〜18時半 場所:TRY部教室(草津市立まちづくりセンター)
   【水曜日】 16時半〜17時半 場所:昼TRY部教室
   【木曜日】 14時〜16時 場所:昼TRY部教室
   【金曜日】 17時〜18時半 場所:TRY部教室(草津市立まちづくりセンター)


2. 生徒面談&昼TRY部見学

内容
1.「どうなりたいか?」「なにで困っているか」をヒアリング(生徒のみ)
2.昼TRY部でどんなことをするか、どうなるかをご説明(生徒のみ)
3.昼TRY部見学(保護者同伴可能)

昼TRY部では、お子さんの「入りたい」という意欲を大切にしています。
そのため、入会する前に生徒さんと1対1の個別面談を実施させていただきます。
(ご自宅に伺うことも可能です)
お子さんに説明するときは、コチラの記事をお見せください。
『はじめまして。NPO法人 D.Liveの田中洋輔です。』

3. 昼TRY部体験

内容
1.実際に昼TRY部の授業を体験

他の生徒たちに混ざって昼TRY部を体験していただきます。 基本的に生徒さんのみのご参加。
(生徒さん本人の了承があれば保護者のかたも見学していただいて結構です)
昼TRY部の授業や取り組みに参加してみて、昼TRY部を感じてください。

4. 入会
ここまでの流れに参加していただき、入会となります。
「すぐ入会したい!」とおっしゃっていただくこともございますが、当教室ではこの方法でお願いしております。
と、言うのも、お子さんが成長していくためには、保護者様、お子さん、当団体が同じ方向を見る必要があります。
お互いにどんなことを大切にしているのが、どうしていくのかという共通理解があってはじめてお子さんために100%の力を注ぐことができることができるのです。

そのため、少しご面倒に感じるかも知れませんが、こちらの方法に沿っていただけますようよろしくお願いいたします。


昼TRY部 Q&A

Q1 昼TRY部には何人くらいの子どもがいますか?
小学校5年生から高校生まで、現在20名程度の生徒が在籍しています。通う頻度や曜日は生徒によってバラバラですが、月・木のプレイフルデーがいつも10名ほど、水曜のマイスタディデーが3名ほど通っています。
Q2 昼TRY部に通う子どもたちは、どれくらいの期間で昼TRY部を卒業して次の進路に進むのですか?
多くの生徒は在籍校を卒業する時期に次の進路へと移ります。例えば中学2年の秋に昼TRY部にきた生徒は高校入学のタイミングで卒業したので在籍期間は1年半になります。ただ、卒業のタイミングは生徒それぞれです。中には年度途中や学期の途中に復学する生徒もいます。
Q3 昼TRY部に通いだしても、またすぐに行かなくなったらと心配です
ご心配するお気持ちはよく分かります。昼TRY部では面談→見学・体験→入会という流れになっています。入会時に毎週通えるか不安なお子さんのために、通えそうなときだけ教室にくるドロップインという制度もございます。
Q4 滋賀県外からだと、通学にどのくらい時間がかかりますか?
昼TRY部はJR瀬田駅近くにございます。JR京都駅からは約20分。JR大阪駅から約1時間程度となっておりますので目安にしてください。昼TRY部では大津市、草津市など教室の近くから通学している生徒もいれば湖西、湖東の辺りから通う生徒、兵庫県、京都府から通う生徒もいます。
Q5 学校以外に子どもが通える場所にはどんなところがありますか?
滋賀県内では大きくわけると次の3つになります。

・学習支援センター(適応指導教室):在籍校への復帰を前提に、それまでの居場所として利用できる教室です。各市町村が設置しているのでセンターについて尋ねれば、学校の先生から紹介してもらえると思います。

・フリースクール:それぞれのスクールの考え方に応じた様々な形態があります。昼TRY部では、生徒同士の交流を重視しています

・日中に開いている塾:塾によっては日中からオープンしているところもあります。全ての塾が日中から開いているわけではないので、近隣の塾にお問い合わせください。

Q6 不登校は誰に?あるいは、どこに相談すればいいのでしょうか?
各市町村が設置した公的な窓口や、フリースクールの相談窓口、不登校の親の会、心理・医療を専門とした様々な機関があります。昼TRY部では大津・草津で不登校の相談ができる機関・サービスをまとめたので、こちらをご覧ください。
Q7 不登校の子どもは全国にどれくらいいますか?

調査によると小中学校の不登校児童生徒は約12万人います。
Q8 出席がたりないと学校を卒業できませんか?

小中学校では卒業の要件に出席状況は含まれません。出席日数がゼロでも学校を卒業できます。ただし、高校では出席して授業を受けないと単位がもらえないので出席日数が学校の要件に満たないと留年になります。

Q9 不登校や引きこもりを経験した子どもはどんな進路に進んでいますか?

昼TRY部に在籍する生徒の多くは中学や高校に進学します。不登校の期間が長いと「ずっとこのままなのでは・・」と不安にもなりますがずっとこのままということはありません。昼TRY部では、不登校を経験した社会人や大学生のキャリアインタビューもおこなっています。ご興味ございましたら、こちらからご覧ください。

Q10 中学校までは義務教育ですが、学校に行かなかった場合、将来にどんな影響がありますか?

私たちは、将来へのネガティブな影響はないと考えています。不登校を単なる挫折ではなく、自分を見つめ、これまで気づかなかった自分の気持ちに気づき、自分が変わっていくための大事なきっかけになるようサポートして行きます。私たちが取材した不登校経験者のキャリアインタビューからも、様々な形で社会の中で活躍していることが分かります。

Q11 「学校に行きたくない」と子どもから言われたときに、どう答えればいいのかわかりません・・・

初めて「学校に行きたくない」と言われたときは、どうしたらいいのか悩みますよね。これを言えば良いという正解はありません。ただ、無理やり登校させるのではなく、子どもの話を聴くことが大切です。聞くではなく、「聴く」です。責めるのでも詰めるのでも評価するのでもアドバイスをするのでもなく、優しく「子どもが学校で何を感じ、いま何を思っているのか」をじっくり聞いてください。

Q12 なぜ学校に行きたくないのかたずねても、理由をはっきり教えてくれないのですが・・・

子どもの中には「お母さんに心配かけるから」と理由を言えないことや、年齢によっては言葉が足りないので説明しようとしても言葉にできないことがあります。昼TRY部に面談にくる子どもも最初はなかなか理由を説明できないことがほとんどです。説明できないことは決して悪いことではありません。ご相談いただければ、私たちが一緒に学校に行けなくなったキッカケと背景をお聴きします。

Q13 家でゲームばかりしています。少しは勉強もして欲しいのですが・・・

ゲームばかりしている姿を見るとゲーム依存を心配しますよね。子どもの心理としては依存するというよりも、「やることがないから」だとか「学校のことを考えたくないから」であることが考えられます。子どもが家でゲームばかりすることについて、私たちの考えをまとめたこちらの動画をご覧下さい。

→ 子どもがゲーム好きならば、ぜっっっっったいに保護者はゲームしたほうがいいですっっっ!!![スマブラの解説動画付き]

→ ゲームばかりしていて、勉強をしません。[不登校・思春期相談室 On Air]

Q14 反抗するばかりで話を全く聞いてくれません。どうすればいいでしょうか?

子どもに聞いて欲しい話があるときは話しかけるタイミングや方法を練ってからコミュニケーションを取るのはどうでしょう?例えば、ご飯どきは一応あいづちはうつならご飯どきに話してみますし、会話が成り立たないなら手紙にします。昼TRY部ではお子さんとのコミュニケーションのご相談も受け付けているので、お気軽にお問い合わせください。

Q15 不登校からひきこもりにならないか心配です。どうすればいいでしょうか?

お子さんによっては学校の生徒や近隣の方々の目を気にして家から出にくくなったり、近所のスーパーに買い物に行くことも難しくなったりします。遠くのスーパーや映画館など、無理のない範囲で一緒に行けそうなところからお出かけすることがオススメです。

Q16 昼TRY部は、どういう特徴を持ったスクールですか?

昼TRY部は、自信を失った不登校の子どもたちが安心できる居場所を持つことで自信とやりたいことを取り戻すフリースクールです。教室では生徒同士が心地よい距離感で関わり合えることを重視しています。

Q17 家で全く学習しなかったので学力が心配です。昼TRY部では学習をどんな風に進めるんですか?

昼TRY部では、一人一人の生徒の状況に合わせた個別学習をおこないますので、心配なさらないでください。きちんと理解できるまでじっくり学ぶことで生徒は自信を取り戻します。教材を新しく買うこともしないので、お家にあるものを持ってきてください。

Q18 子どもがADHDという診断を受けたのですが、受け入れてもらえるでしょうか?

昼TRY部では、どの入会前に見学・体験をした上でお子さんに通えそうかどうか確認してもらうようにしています。ご心配もあるでしょうがまずは見学・体験にお越しください。

Q19 出席や評価のことについて聞かせてください

生徒によっては昼TRY部に通った日を出席扱いにしてもらっています。この認定はそれぞれの学校長判断になります。フリースクールに通う日を出席扱いにしてもらうまでの詳しい流れはこちら

Q20 同年代の子との関係が持てるか心配です

昼TRY部にやってきた生徒たちも、はじめは不安そうでした。しかし、先に通っている生徒が声をかけたり、スタッフが間に入って一緒に遊んだりする中で次第に慣れてきて、良い人間関係がつくられてきます。

Q21 現在学校にはなんとか通っているのですが、本当に学校が子どもに合っているのか不安に感じます。不登校じゃなくても昼TRY部の入学は可能ですか?

もちろん可能です。昼TRY部に通う生徒の中には週1回だけここに通い、残りの日は学校に通っている生徒もいます。今の学校が窮屈だと感じるお子さんには、息抜きができるもう一つの学校が必要かもしれません。昼TRY部はそんな子どもたちのための「オルタナティブスクール」でもあります。