TRY部のイメージは、F1のピットです。
F1では何周も何周もレースを走ります。
するとガソリンが切れ、タイヤもすり減ってきます。
そのときに、ピットへ入り、補給やメンテナンスをするのです。
それを担当するのがピットクルー。

私たちは、まさに子どもたちにとってのピットクルーでありたいと思っています。
TRY部に来て、困ったことを相談し、計画を立てるなどのメンテナンスをする。
そして、またコース(学校や社会)に出て行く。

レーサーがピットに入るように、生徒たちはTRY部で心のメンテナンスをおこなうのです。
そうすることで、元気に思い切ってコースを走ることができます。

7つの身につくチカラ

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88%e5%9b%b3

どうしてしんどいのか。自分がなにをやりたいのか。すべての出発点は、自分を知ることから。

自分の感情や意志をコントロール出来ないと、「ああ、やっぱり自分はダメだな」となります。
自己統制ができると、自分のことを信じることができるのです。

やりたいことがあればガンバれる。
今やっていることと未来が繋がれば、モチベーションは高まる。しんどいことにも耐えられます。

お互いに思いやることができれば、信頼できるようになります。どんな悩みも話せます。

悲観的な子は、なかなかガンバれない。ガンバっても結果が出にくい
物事を前向きに捉えられるようになると、失敗や挫折は一時的なものだと思えることができ、めげなくなります。

”自分が自分であって大丈夫”と思える感覚。
ダメな自分も受け容れることができれば、どんなときでも心が折れることはありません。

逆境にであったとき、ストレスにさらされても決してあきらめない心。
打たれ強さ。竹のようにしなるイメージ。それが、しなやかな心です

自信が身につくTRY部の仕掛け

「ありがとう!」や「良かったよ!」伝えるカード。
スタッフから生徒はもちろん、生徒同士や生徒から保護者へも渡します。
普段、言えないこともメッセージカードだと気軽に伝えられます。

 

 

なにもない1日なんてありません。毎日を充実させて欲しい、全力で楽しく生きて欲しい。
だからこそ、手帳に毎日の記録をしていきます。
写真や絵、映画のチケットなどを貼って自分だけの宝物に。

今月の目標や取り組みたい行動をカードに記入。書いたカードは、財布や定期入れなどに入れて毎日持ち歩きます。
何度も目標を見返すことで、「忘れてた!」ということがなくなります。

 

 

自分がやってみたいこと、今までやったことがないことに取り組むのがマイプロです。
本当にやりたいこと、1ヶ月という短い期間だからこそガンバれます。
月の初めには、発表もおこないます。

やりたいことを見つける方法は、探し続けること。
何度も何度も同じワークシートを書いて、自分がやりたいことを問い続けていきます。

 

 

 

一方的に先生の話を聞くという授業はほとんどありません。
体験型学習を基本としており、ふせんやLEGOを使って楽しみながら学ぶことができます。

授業概要

\ 月曜日の1日の流れ /

月曜日は、日々の自分と向き合う時間。
計画や目標を振り返り、どれくらいできたか。なにができなかったかを確認。
次はどうしていくか、改善の計画などを立てていきます。

\金曜日の1日の流れ /

金曜日は、学びとチャレンジの時間。
講義でいろいろな知識を学び、マイプロ(マイプロジェクト)で今までやったことがないチャレンジに取り組みます。