ゲームTRY部って?

ここはゲームすることに特化したフリースクールです。
スマホ、Switch、PC、PSに関わらず、自分が好きなゲームを楽しむことができます。
ゲームを通して、新しい友達が出来ます。
リアルな場で一緒にゲームを楽しむことが出来る場所です。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

ゲームを通して、子どもは成長することができる

ゲームは、悪者にされがちです。“ゲーム中毒”のご相談も多くいただきます。
けれど、ゲームは決して悪いモノではありません。ナイフと同じように使い方次第なのです。

ゲームを通して得られること
遊びながら努力ができる
ゲームは複雑な操作が求められます。イヤにならないのは、楽しいから。
上手くなるためには、練習が必要です。でも、「練習している」という感覚はゲームにはありません。なぜなら、楽しいから。
楽しみながら、ガンバることが出来るのがゲームです。遊びながら、気がつかないうちに努力しているのです。
ゲームが共通言語になる
寡黙な子でも、ゲームになると冗舌になります。
人見知りでも、ゲームをしていると自然にコミュニケーションがとれます。
ゲームは、共通言語みたいなもの。英語を話せると外国人と話せるのと同じ。
ゲームを通して、子どもたちは会話することが出来るのです。

ほかにも、『スーパーベターになろう!』の著者・ジェイン・マクゴニガル博士によると、ゲームをすることのメリットはたくさんあります。

✓注意力が高まる。
✓情報処理能力が高まる。
✓意志が強くなる。

✓楽観的になる。
✓他の人に頼れるようになる。
ゲームを通して、子どもは成長することができます。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

ゲームTRY部でゲームをする理由

リラックスしてゲームが出来る

「家では本気でゲームを楽しむことが出来ない」ゲームTRY部の生徒がぼそっと言いました。
理由を聞くと、「罪悪感がある」「ゲームをしていると親が怒る」「騒いだら迷惑がかかる」など、子どもなりに気を遣っているようです。

この教室は、自由にゲームすることを許された場所。
子どもは、のびのびと楽しくゲームが出来ます。

家にずっといると気持ちが滅入ることもあります。
孤独でさびしいときもあります。一人で退屈なときもあります。

みんなで一緒に楽しむことで、ストレスやモヤモヤを発散することも出来るのです。

教室に集まってゲームをする魅力
リアル対戦ができる
今の時代、オンラインで一緒にプレイすることは簡単に出来ます。
けれど、同じ空間で、相手の体温を感じながら一緒にゲームするのは違う楽しさがあります。
家で音楽を聴くのとライブに参加するのでは違いますよね?
みんなと一緒にゲームをする楽しさがここにはあります。
ゲーム友達ができる
オンラインで出来る友達は、顔も知らない、会ったこともないという人が多いでしょう。
ここでは、リアルで一緒にゲームを遊ぶ友達が出来ます。
学年も学校も違う。
でも、お互い分かり合える友達が出来るのです。
定期的な交流戦
ゲームTRY部内で勝ち負けを競う対戦もあります。
他のフリースクールとの対抗戦などもおこないます。
真剣勝負の場があることで、「上手くなりたい」という気持ちが刺激されます。
豊富な機材がある
ゲーミングPCや大画面モニタなどの機材も揃っています。
プレイ動画を録画して見返す。
重たいゲームをプレイする。
ゲーム実況の撮影もおこなうことができます。
生活習慣が改善する
ゲームには集中力が必要です。
そのためにも、教室では生活習慣を大切にしています。
睡眠日誌の記録や生徒同士で朝起こし合うなどの工夫もおこなっています。

教室での過ごし方

  • チェックイン

    ホテルに入るとチェックインをするように、教室へ来るとみんなで交流をおこないます。

    「最近、こんなゲームをした」
    「ゲームのレベルが上がった」
    「新しいゲームを買った」

    などなど、それぞれが最近のことについて話します。

  • 自由活動

    ほとんどの時間は自由に過ごします。

    1人でゲームに熱中するも良し。
    みんなで対戦ゲームをするも良し。

    自分のペースでのびのびゲームを楽しむことが出来ます。

  • チェックアウト

    帰る前にどんなことをやったのか共有します。
    「こんなゲームをしました」
    「これが出来るようになりました」

    家ではゲームのレベルがあがっても賞賛されることはありません。
    けれど、ここでは「すごい!」「おお!」とみんなから言われるのです。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

生徒の声

対抗戦がすごく楽しいです。スマブラのフリースクール対抗戦をしたときは、チーム戦だったこともあり、震えるくらい緊張しました。
今まではなかなかうまくならないので、なんとなくゲームしていました。けれど、ここでは「こうしたらいいんちゃう?」というアドバイスももらえるので、家でも気合いを入れてゲームするようになりました。
スタッフも本気になってゲームしているので楽しいです。子どもよりも大人のほうがウルサイときがあります(笑)

これまでなかなか朝起きることが出来ませんでした。けれど、ここのみんなが朝になると「起きろよ~!」と言ってくれるので、早起きになりました。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

ゲームTRY部スタッフ

田中 洋輔(たなかようすけ)

NPO 法人 D.Live 代表理事/ 立命館大学文学部卒業。
プロ野球選手を目指すも、強豪の高校へ入り挫折し不登校に。自身の経験から、 自分に自信が持てず苦しんでいる子がいる現状を変えたいと思い、大学生のとき(2009年)に団体を立ち上げる。
自尊感情 (自己肯定感)についてまとめた『子どもの自信白書』の発行、子どもの居場所や自信を育む教室運営。PTAや地域団体などにて、不登校や自尊感情についての講演・研修もおこなう。 最近は、不登校の子どもへの1対1のコンサルティングもおこなっている。

\他にもゲームTRY部にはこんな大人がいます/
NPO法人 D.Live(ドライブ)

2009年に設立。2012年に法人化。
滋賀県草津市を中心に活動している教育NPO団体。
滋賀県の教育委員会フォーラムで先生向けに講演をおこなったり、草津市の委託事業として中学生の居場所も実施。
大学の教授と共に研究をおこない、冊子『子どもの自信白書』(無料)も発行。
クリスマスブーツギャラリーの企画・運営などにも関わっている。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

ゲームTRY部概要

対象 小学校5年生~高校3年生

場所 
滋賀校:マグハウス(瀬田駅徒歩5分)滋賀県大津市大萱一丁目9−7ワイエムビル202

日時 
滋賀校:毎週木曜 13:30 ~ 16:30 

お月謝
[昼TRY部と併用での参加]
月額 7,000円

[ゲームTRY部のみの参加]
小学生13,000円 中学生18,000円 高校生18,000円

入会金 30,000円
※ 別途、大会参加などで費用がかかることがございます。

»ゲームTRY部へのお問い合わせはコチラ

入部までの流れ

 

ゲームTRY部 Q&A

Q1 教室には、どんなハードがありますか?
Nintendo Switch、PS4、oculus quest 2、PC(Core i9 9900K)などがあります。どれでも自由に使って遊ぶことが出来ます。
Q2 普段、どんなソフトで遊びますか?
『among us』、『Fortnite』、『Apex Legends』、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』、『スプラトゥーン2』『プロジェクトセカイ』などを主におこなっています。
Q3 Switchやプレステなどを持っていない場合でも参加することは出来ますか?
教室にある機械を自由に使っていただけますので、ハードを持っていなくても参加出来ます。
Q4 ゲームがあまりうまくないのですが、それでも大丈夫でしょうか?
教室で大事にしていることは、”楽しくゲームをする”ことです。そのため、上手い下手は重要ではありません。楽しくゲームが出来るなら大歓迎です。
Q5 教室の時間以外でゲームをすることは出来ますか?
Discordを使って、生徒達同士でオンライン対戦をすることがあります。個別でやりとりをして、「この時間にやろうよ!」と相談することも出来ます。